待っているだけじゃ何も変わらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謝罪に食いつくマスコミ、経緯は完全に無視。/皮肉動画ものっけてます

高岡蒼甫さんがブログで謝罪しました。
今まで高岡さんの発言を捻じ曲げて報道し、
発言内容や伝えたい事を無視していたマスコミは、ここぞとばかりに食いついています。


高岡蒼甫が一連の騒動を謝罪「社会人として発言に対する配慮にかけていた」。

俳優の高岡蒼甫が、7月23日のTwitterでのツイートから始まった一連の騒動について、公式ブログにお詫びの言葉をつづっている。

8月10日に更新されたエントリー「沢山のご意見を下さった方々へ」は、自身の発言をきっかけに多くの人たちに迷惑をかけたことを謝罪したもの。その内容は次の通りだ。

※※※ ※※※ ※※※

沢山のご意見を下さった方々へ

今回の一連のtwitterでの発言により、自分を今まで支えて下さった沢山の方々、そして何より一番近くで支えてくれている家族に迷惑をかけてしまったことについて、一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていたことを深く反省し、お詫び申し上げます。

そして、沢山の激励のお言葉を下さった方々、本当にありがとうございました。

今後、一人の人間として、言葉の持つ影響力への理解を更に深め、一人の表現者として、一人でも多くの方に表現の素晴らしさを伝えていけるように、日々精進していきたいと思っています。

今後とも、応援宜しくお願いします。
高岡蒼甫

※※※ ※※※ ※※※

高岡は7月23日に、Twitterで「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば」など、“韓流”モノばかりを放送するフジテレビを批判。これが大きな騒動となり所属事務所も辞めることになったほか、その後も余波が続き、Twitterやブログでは騒動に疲れている様子をうかがわせていた。




高岡、ツイッター騒動に謝罪コメント

ツイッターで韓流ブームやフジテレビへの批判をつぶやいて波紋を呼んでいる俳優・高岡蒼甫(29)が、10日付のブログで謝罪した。「今回の一連のtwitterでの発言により、自分を今まで支えて下さった沢山の方々、そして何より一番近くで支えてくれている家族に迷惑をかけてしまったことについて、一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていたことを深く反省し、お詫び申し上げます」としている。「今後、一人の人間として、言葉の持つ影響力への理解を更に深め、一人の表現者として、一人でも多くの方に表現の素晴らしさを伝えていけるように、日々精進していきたいと思っています」と俳優業への思いをつづっている。7月23日のつぶやきをきっかけに波紋が広がり、事務所も退社。批判や意見にも対応してきた。しかし妻で女優の宮崎あおいとの離婚説も浮上するなど影響は大きく、5日付のブログで「一回休憩に入ります」とトーンダウンしていた。




高岡蒼甫が突然謝罪 「社会人として配慮にかけていた」

韓流を強く推すテレビ局を批判し、大騒動となっていた俳優の高岡蒼甫さんが2011年8月10日、ブログを更新し、突如謝罪した。

タイトルは、「沢山のご意見を下さった方々へ」。


「家族に迷惑かけてしまった」ことも反省?


「今回の一連のtwitterでの発言により、自分を今まで支えて下さった沢山の方々、そして何より一番近くで支えてくれている家族に迷惑をかけてしまったことについて、一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていたことを深く反省し、お詫び申し上げます」

と謝るとともに、「沢山の激励のお言葉を下さった方々、本当にありがとうございました」と感謝。

今後については「一人の人間として、言葉の持つ影響力への理解を更に深め、一人の表現者として、一人でも多くの方に表現の素晴らしさを伝えていけるように、日々精進していきたいと思っています」と書いている。


「着地点が一向に見えないので一回休憩に入ります」

高岡さんは7月下旬、ツイッターに「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」などと投稿。ネットで大きな話題となり、韓流ドラマやK-POPを多く流していたフジテレビ前でデモが起きるほどの騒動となった。

その後も「人権擁護法案」に反対するなど、ツイッター上で政治的、社会的な発言を続けていたが、8月5日に突如更新がストップ。同日のブログには、「最近なんか方向性が明らかに違う気がする。言ってない事まで捻じ曲げられ飛躍してる。思うままにいきたいけど最近は違和感が上回ってる」「このままじゃ着地点が一向に見えないので一回休憩に入ります」と書いていた。

今回の突然の謝罪に対し、「発言は後悔せずに高岡さんらしく、これからも行って下さい」「今回、デモに発展していますが遅かれ早かれいずれそうなっていたと思います」といったコメントが600件以上寄せられている。




ネットニュースの中では一番最後のJ-CASTニュースが
一番マシな気がします。
これからまたテレビでこの謝罪が取り上げられ、
ほらみろ結局謝った、とか、好き勝手言われるんでしょうね。
そして更に悪者のイメージをうえつけようとするのでしょう。
目に見えてます。


最後にこちらの
皮肉たっぷり動画をどうぞ^^

※あくまで痛い所をチクリと突いたネタ動画と思っています。

【初音ミク】キムチテレビ(の外国人持株比率の高さは異常)







FPU(フィギュアスケート保護連合)をご存じですか?
FPU(フィギュアスケート保護連合)は、フィギュアスケートの未来を守りたいという気持ちから誕生しました。
FPUはフィギュアスケートの採点に疑問を持っている人なら誰でも入れます。
FPUには、色々な選手のファンの方が居ます。
特定の選手のファンの集まりではありません。
会費もいらないですし、活動を強制される事も無いです。

ですので、フィギュアスケートの採点に疑問があり、
どうにかしたいと思っている人がいるなら協力して欲しいです。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2011/08/10(水) 15:21:21|
  2. メディア関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「抗議されるいわれはない」偏向放送をやめる気がないテレビ局。 | ホーム | 「さよならぼくたちのてれびきょく」この一言に尽きる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzuki391.blog.fc2.com/tb.php/52-c7614a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。