待っているだけじゃ何も変わらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電通の正体?戦後から続く日本の情報統制。

ここ数日、ネットでは「フジテレビ」に批判が相次いでいます。
高岡さんの発言から火が付いたこの騒動ですが、フィギュアファンの間では
以前からフジは悪名高いテレビ局でした。
私も、主人に「フジがこんなひどい放送をした」だとか
「電通が絡んでるんだよ!」と鼻息荒く話してきましたが、反応はイマイチでした。
(こういう話題を私が話せるのは旦那さんぐらいなので、私の長話の犠牲になるのは、
いつも旦那さんです(笑))


しかし、高岡さんの発言がニュースにり、応援MADが作られたのを発見した私は
早速8/2の記事で取り上げました。
記事はコチラ

それを彼に見せてみたのです。
うちの旦那さんは、昔からゲーム好きで、今でも家でやっていますので、
元ネタがエースコンバットの動画だよ!という情報で釣り(笑)見てもらいました。
その流れでその次のフジテレビが韓国ごり押しのまとめ動画も見せてみました。
えらく動画に食いついた彼は、自分のアカウントのお気に入り動画に追加。
会社で同僚と見るよ!と言っていました。
そしてFPUのお仲間、石ころさんのブログも見せ、
マスコミの偏向報道の酷さもアピールしてみました。

そして仕事に行き、帰ってきた彼が一言。

カレル・ヴァン・ウォルフレンって知ってる?

と。

どうやら彼曰く、戦後からずっと電通の情報統制は続いていて、
そういう事をオランダのジャーナリストが本にしているというのです。
そして詳しく書かれているページを教えてもらったので、ここに記したいと思います。

↓クリックすると飛べます。長くなりますので一部抜粋します

電通の正体

■GHQ対日政策の産物 メディア支配
電通の株主上位は共同通信社と時事通信社
「ついに白日の下に晒された日本のマスコミの支配者」  
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-390.html

◆◆◆ 「電通」◆◆◆「博報堂」◆◆◆
現在の米国、ロシア、中国、北朝鮮と韓国の対日活動(スパイ戦)をそれぞれ悪用し、それらの力学を最大限悪用し、巨大化した反日工作機関の司令塔(広告業界独占=メディア支配)は「電通」と「博報堂」である。戦後、GHQの情報統制によって確立された反日利権の代表的な一つである。電通と博報堂は、あらゆる手段を講じて、スポンサーと各媒体を支配(弱みを握る)する。広告業界の実態は、技術=制作=クリェイティプな仕事は下請けの能力で成立っている。本来、仕事は成果によって評価されることが多いが、結果は度外視され、反日活動で確立された電通と博報堂の意向に逆らえば、下請け会社は仕事=業界から干されることが常識化されている。まさに恐怖の独裁業界と外国から評されている。共同通信と時事通信(同じく戦後、GHQによって情報統制された機関)は電通と博報堂と株を持ち合っている。日本のメディアが現在も外国の反日勢力によって、統制されている実態でもある。在日社員が多い代表的な企業でもある。※「電通の正体」参考。米国CIA公開済み極秘ファイル参考。


■「電通」とマスメディアの深~い地下水脈
<中略>電通の実力を垣間見るのが、企業がらみのスキャンダル、批判を報道する際の圧力だろう。大手企業のスキャンダルに際し、広報に取材を申し込んだとたん、なぜか企業の広告担当者だけでなく、電通からも担当者がすっ飛んでくる、というエピソードは日常茶飯事、掃いて捨てるほどよくある話だ。<中略>「もちろん、企業がらみの記事に関し、現在でも電通からの直接の圧力はあります。しかし、今では電通がらみの大スポンサーに関する事件なんて、よっぽどの大事件でないとこちらも記事はおろか、取材さえもしませんよ。どうせ取材しても潰れるだけですから、自粛しちゃいます。まぁ、警察発表があったり、検察が動くような企業事件だけは別ですけどね」(現役週刊誌記者)
<中略>電通について語る際、どうしても外せないのがこのコネ入社の実態だ。いや、多いというレベルの話ではなく、その大半が政官財の有力子弟または関係者だといっていい。『噂の真相』が90年代に調査しただけでも西友、資生堂、カネボウ、レナウン、味の素、ライオン、日立製作所、三菱自動車、野村證券、グリコ協同乳業、JAL、第一生命などなど、日本の一流企業といわれる幹部の子息が勢揃いしたかのように、電通に席を置いた経験があるのだ。<中略>政府広報でも電通がダントツで、政府御用達をほとんど独占しているし、新聞広告の圧倒的なものは電通を仲介にして、もたれ合いで安易な営業をしています。そこには読者なんて存在しておらず、広告を受け取り宣伝を流す対象として、マスに対してのメディアがあるだけです。読売や毎日の幹部の子弟たちが電通社員だし、朝日の中江社長の息子も電通に入社しているが、飛び降り自殺をした事件が起きた時も、電通が工作して新聞記事にならなかった。それくらい日本のメディアは電通に押さえられ、世界有数の発行部数を誇る大新聞でも、手も足も出ない状態<中略>
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1143887

03年、日本テレビのプロデューサーが、“視聴率買収事件”をひき起こした。これは視聴率調査会社のビデオリサーチの調査対象世帯に対し、指定した番組を視聴するよう依頼し、視聴率を工作したという「事件」である。現在のテレビ放送は、この視聴率至上主義という信用しがたい数字によって大きく左右されている。視聴率が高ければCMが高く売れることから、業績に大きく係わることになる決定的な数字のようである。このような重要な数字を独占して調査しているのがビデオリサーチなのだが、「独占」と書いたように、ここにはライバル会社が存在しない。そして最も重要なのが、ビデオリサーチは電通の関連会社であり、電通が同社の株を34%所有する大株主ということだろう。電通の子会社ビデオリサーチは、「全国新聞総合調査」までやっているらしい(社長が電通顧問を務めた竹内毅)。
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200503030000/



■”電通”の正体~日本メディアを牛耳るメディアの王様~
これまでに幾度となく大手マスメディア(TV)の垂れ流す偏向報道について苦言を呈してきたが、そんなマスメディアを牛耳る存在をご存知であろうか?それは皆さんご存知の”電通”である。その電通の正体について、”カレル・ヴァン・ウォルフレン”著『日本権力構造の謎』(原題 THE ENIGMA OF JAPANESE POWER)上巻にて、非常にわかりやすく解説されているので、以下に転載する。(転載開始)影のメディア・ボス電通ほど一手に、直接、あるいは多数の下請けを使って大衆文化を作り出している企業体は世界中どこを探しても、ほかにない。万国博やローマ法王訪日時の準備など、主要イベントもこのカイシャが総合企画・演出の陣頭指揮に立つ。電通はまた、政治的に活発な動きを見せる。これについては、すぐ後で詳細に考えよう。
 電通は、日本の全テレビ・コマーシャルの三分の一の直接責任者であり、ゴールデンタイムのスポンサーの割り振りに関して実質的に独占的決定権をもつ。多数の子会社や下請け会社を通じて行使する統制力については、いうまでもないだろう。約百二十の映像プロダクション、四百以上のグラフィック・アート・スタジオがその傘下にある。午後七時~十一時の時間帯の番組にコマーシャルを出したい広告主は電通を通すしかない。スポンサーの選定と放送番組の内容の大部分を電通が握っているからだ。
 番組制作者たちは、冗談めかして、電通の事を“築地編成局”と呼ぶ(電通の巨大な本社は東京の築地にある)(21)。日本では、扱い高が即、政治力になるので、電通はこうした役割を演じられるのである。このような状況下では、電通に気をかけて扱ってもらえることが一種の特権となり、立場が逆転して広告主が電通の指示に従うことになる。商業テレビ局にとっても事情は同じで、電通に極度に依存する形になっている。その結果、電通の影響力は日本のテレビ文化の内容まで左右し、世界中どこにも類例が見られないほど、強力なマスメディアを通しての社会統制力になる。そして、このことには重大な政治的意味がある。テレビという麻薬が日本ほど見事に利用されているところは他にない。また、その中毒症状がこれほど強く蔓延しているところも他にない。レストラン、各種の店、観光バスの中、タクシーの中にまでテレビが備えつけられている。テレビ番組の相対的な質の高さを誇れる国は、あったとしてもきわめて少ない。だが、テレビが全世界的に文化を砂漠化しているとしても、その悲惨さの程度はかなりの差がある。皮肉な事に、NHKが、官界ともっとも直接的につながる局でありながら、リポーターが社会的な問題について掛け値なしの疑問を投げかける、まじめな番組を放映することがある。それ以外はNHK定食番組にみられるように疑似学術的で無害の、論争を注意深く避けた番組をはじめとし、風刺漫画に近い日本人好みの社会風俗を描くホームドラマがあり、そして頭がまったく空っぽのショー番組までどの局にも揃っている。クイズ番組や素人のど自慢は外国のもの真似番組であるが、日本ではこの種の番組は愚神礼賛の域に達している。人気“スター”は大量生産され、その“キャリア”はめったに二年以上もたない。彼らは、単に有名であるがゆえに有名だという欧米諸国の芸能人現象の拙劣な劇画といえる(22)。
 このような現象を国際的に評価する一般的な基準はない。しかし、欧米諸国のたいていのテレビ番組が平均精神年齢十一、二歳の視聴者に合わせているとすれば、日本のテレビ番組は平均精神年齢八、九歳に合わせている。日本で日々の娯楽の質を決定する上で主要な役割を果たしているのは電通であり、電通はほとんどどすべてのものを最低レベルまで下げるのに成功している。頭の働きを鈍化させる芸能娯楽を作り出す機関は他の国にも存在するが、今ここで我々が検討しているのは、ほぼ完全に他者を締め出して、大衆文化の質の向上を抑制したり拘束できるだけの力を持つ組織のことである。

原註 6章 従順な中産階級 485Pより
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/7dcd9f4eda594b045061a36814edc846



■新一万円札(昭和59年/西暦1984年)「福沢諭吉」の肖像採用に大蔵省へ圧力をかけて反対した電通。
(一説によれば、福沢諭吉の新一万円札肖像実現を推し進めた官僚は脱特亜派である。)

以下の福沢諭吉の論文(略文)がすべてを物語る。

 「脱亜論」 福沢諭吉 (明治18年/西暦1885年)
「日本の不幸は中国と朝鮮である。 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、 もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。 情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。 国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。 「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。 日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。 この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。 私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。」

脱亜論(全文)1885年3月16日、福沢諭吉が「時事新報」紙上に掲載した社説
http://www.jca.apc.org/kyoukasyo_saiban/datua2.html

●【国益を考える講演会】(動画) http://kokueki.cool-biz.net/receipt.html 
田母神元航空幕僚長の講演で「反日マスコミの基礎」となったGHQ対日政策の説明がわかりやすい

◆元社員の談話◆
「電通又は博報堂(下請けを含む)でホームページ制作を頼んだ場合
ネットに関連する個人情報やHPからの投稿意見(クレーム等)などが
まるみえ。ドメインやサーバーなどの管理を委託した場合メールもま
るみえ。何か弱みがないか?ネタはないか?常に電波を張り巡らせて
いる。得た情報がどのように外部で利用されているか?ごく一部の幹
部は知っているが、平社員ではわからない。」






カレル・ヴァン・ウォルフレンのこの本は、ウィキペディアによると1990年に発表されています。
それから21年。今この文章を読んでも、何も違和感を感じません。
今も変わらず、電通の支配は続いているように感じます。


この他にもいろいろ気になる情報が沢山掲載されていましたので、
よければリンク先に飛んでみて、読んでみてください。

電通の成田豊についても書かれています。
私もウィキで調べてみました↓
成田豊は京城(ソウル)出身の日本の実業家。
大手広告代理店・電通グループの会長、電通の最高顧問を務めた。
2010年6月より電通名誉相談役。1993年から長年にわたり電通のトップに君臨した。81歳。
出身は韓国。中学三年の時に母親ソメの実家佐賀県神埼郡(現神埼市)千代田町へ移住しています。
最近では2009年に韓国政府から修交勲章光化章を、日本政府から旭日大綬章を受章。

フジテレビの日枝久となんだか似た感じですね。日枝久も高麗大学より名誉経営学博士が授与されていますね。
(高麗大学は、韓国の現職大統領である李明博の出身校だとか。)


なぜ今回こんな記事を書いたかというと、
今フジテレビが韓流ごり押しで一身に批判を浴びていますが、フジテレビだけが問題
というわけじゃない気もしているからです。

もちろん、広く一般の人に知ってもらうには、フジテレビが韓流をごり押ししている事実は
とても有効だと思います。
一日だけ見ない運動も、とっかかりがあってみんなを巻き込み易いと思いますし。

でもそこからもう一歩進むと、「電通」が見えてくる気がします。

あまりにも大きな電通。
私みたいな一般主婦があれこれ考えても、さっぱりラチがあきません。
でも、色々知ってもらえるきっかけになれば。そんな気持ちで、
まとまりが無いかもしれませんがこの記事を書きました。

不可解なフジテレビの韓流押し。
ブームにもなっていないごり押しブーム。
テレビ局と電通はこれからも批判を無視して、声を押し込め、ごり押しするつもりでしょうか?

日本は台湾を見習うべきだと思います。
台湾では、こんな法案が可決されようとしています。


台湾で韓流番組規制法案が可決の見込み ネットでは「アジアの良心台湾」との声

国内では過剰なほどの韓流推し報道が連日行われ問題視されている中、親日国の台湾では“韓流番組規制法案”が可決の見込みとなっている。この法案は自国の製作番組が40%以下にならないようにするもの。現状までの法案だと20%だったが、それを更に規制を強め40%と上限を上げることになる。

自国の番組以外に規制するものであり、この法案は日本や中国の番組も対象となる。

現在の台湾では日本同様に韓流推しが起きており、韓国ドラマなどが日々放送されているという。こうした規制に日本国内のネットユーザーは次のような意見を挙げている。

・台湾にいきたいわん。
・児ポ法案には必死なのにな
・日本は絶対やらない 利権絡んでるからな
・台湾は自立心があって良いな~
・アジアの良心 台湾

と言う意見が書き込まれている。日本では実現不可能な法案だが、こういった規制がすんなり通る国は柔軟性があって先行き明るいといえるだろう。



日本も台湾のように…法律を……

むりか(涙目)



韓流は人気が無い!★ 韓国が報道





守ろう、日本の文化を。誇りを!!!
フジテレビの偏向放送 高岡蒼甫負けるな【MAD】






FPU(フィギュアスケート保護連合)をご存じですか?
FPU(フィギュアスケート保護連合)は、フィギュアスケートの未来を守りたいという気持ちから誕生しました。
私は、今のこの現状は、どう考えてもおかしいのではないかと思い、ブログを始め、加入しました。
フィギュアスケートの現状がおかしいのではと思っているのでしたら、是非協力して頂きたいです。
会費などは必要ありません。
競技としてのフィギュアを守りたい。それだけです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/08/04(木) 15:55:55|
  2. メディア関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フジ地方局 「怪しいお米セシウムさん」 東海テレビの暴挙。真央はダウン…。 | ホーム | 腐敗したフジテレビ、終わらない洗脳。(追記あり!)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzuki391.blog.fc2.com/tb.php/47-2f8d224f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。