待っているだけじゃ何も変わらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうしてもスルーできなかった韓国の記事。

寝る前にネットで天気予報を見ようとして、インターネットを立ち上げた。
そのホーム画面に気になるニュースの見出しがありました。

「日本の7倍」なりふり構わぬ政策
嫌な予感がしましたが、一応チェック。
ニュース元はJ-CASTでした。
記事はコチラ。



ピックアップ8 「韓国に乗っ取られるぞ!」

ジャパンエキスポに韓国が介入? 山田五郎のラジオ解説が波紋
評論家の山田五郎さんがラジオ番組の中で、例年フランスで開催されている日本文化の祭典「Japan Expo」で近年韓国文化が紹介されるようになって物議をかもしていると話し、ネット上で話題になっている。

ジャパンエキスポは2000年から大体1年ごとにフランスで行われている日本文化をテーマにしたイベント。例年来場者数が伸びていて、2010年には、4日間で約18万人が来場した。

「剣道の起源は韓国」主張する団体が出展画策?

2011年も6月30日から7月4日まで開催されて大盛況だったというが、7日放送されたニュース情報番組「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)で、評論家の山田五郎さんが最近の様子について語った。

近年ジャパンエキスポで韓国の文化が紹介されることがよくあるのだそうで、山田さんによると、韓国側の攻勢があまりに凄まじく、「ここ数年毎年のように物議をかもしている」のだという。

2006年に、招待漫画家として、日本側の作家が8人なのに対して韓国の作家11人が公式HP上で紹介されたことがあった。参加企業の中に韓国漫画専門の出版社があり、非公式に呼んだゲストを公式ゲストと一緒に並べてしまったせいで、主催者側が経緯を説明して謝ったところ、韓国側から抗議が来たのだそうだ。

また会場の入り口に韓国の太極旗が勝手に飾られ、取り外そうとしたら揉めたことがあったほか、2011年には「剣道の起源は韓国」と主張する韓国の団体が出展しようとした。これについては、「誤解を招く」と日本側が反発したところ、しばらくして取り消されという。


文化輸出に積極的な韓国政府「予算は日本の7倍」

山田さんは、こうした韓国側の強気の姿勢の背景には、韓国政府の文化輸出政策があるとする。国内市場が大きくない韓国は文化輸出に積極的で、国家予算との比率だと、文化振興の予算が韓国は日本の約7倍。ジャパンエキスポにも2010年に韓国政府がブースを出してK-POPなどを売っていたという。

「民間のイベントに国ぐるみで参加している。あれだけ日本嫌いでプライドの高い韓国政府がジャパンに乗っかっている。なりふり構わない文化輸出政策が行われている」

日本が圧倒的優位だと思っていたら、家電製品がそうだったようにコンテンツ産業も韓国にイニシアチブを持っていかれないと危惧し、「日本は国が頼りにならないので、出版社とか民間のコンテンツ企業が海外市場対策に本腰を入れて、イニシアチブを取れるように乗り出した方がいい」と提言している。

山田さんの話はネットでも話題となり、「日本の業界関係者は黙ってていいの?」「フランス人はどう思っているのだろうか」といった反応が書き込まれている。




以前にも話題になっていましたので、このジャパンエキスポに韓国乱入の話は知っていました。
本っ当に理解できないですね。


そして少し古い情報。(今更なのかな?)
私は今日初めて知ったんですがFOREVER 21て、韓国系アメリカ人の人が作ったんですね。
今日のこの記事で知りました。

「不屈の韓国人魂でフォーエバー21を築いた」(上)
記事入力 : 2011/07/10 06:20:34
米ファッションブランド「フォーエバー21」のチャン・ドウォン会長

全世界約470店舗に店員4万人以上

今年の売り上げ予想4兆5000億ウォン、世界長者番付540位に

狎鴎亭に韓国2号店オープン

「私には小さな願いがある。新しい土地で無一文から挑戦する人たちが『フォーエバー21』の売り場を眺めて希望を持ってくれたらうれしい。何もない状態から出発したが、韓国人の不屈の精神で挑戦すれば、必ず成功できるということを見てもらいたい」


 米国の代表的なファッションブランド「フォーエバー21」のチャン・ドウォン会長(51)は、唇の端をほんの少し震わせた。膝の上には、固く握ったこぶしが置かれていた。

 5日、ソウル市江南区狎鴎亭洞のカロスキル(街路樹通り)にオープンした「フォーエバー21」2号店の開店記念式で会ったチャン会長は「雨にもかかわらず並んで入店を待っている多くのお客さまを見ると、何と言って感謝すべきか分からない」と話した。実際にチャン会長は、胸がいっぱいなのか、目が潤んでいた。


 米国で移民として出発し、現在は米国、英国、カナダ、日本など、世界470カ所以上の売り場で4万人以上の店員を抱え、4兆5000億ウォン(約3370億円)の売り上げを計上する「ファッション帝国」を率いる富豪となったチャン会長の頭の中には、多くの思いが駆け巡っているようだった。


 インタビューに先立ち、チャン会長はアップル社のタブレット式コンピューター、iPad(アイパッド)を持ち出し、このほど米ニュース専門放送局「FOXニュース」で放送された「フォーエバー21の成功」と題する特集番組を見せてくれた。スウェーデンのH&M、スペインのZARAに対抗して、米国を代表するファストファッション・ブランドであるフォーエバー21に注目した内容だった。ファストファッションとは、メーカーが製造、流通、販売の全てを担当するシステムを指し、こうしたシステムを備えたアパレル企業は、低価格の新商品を2、3週間ごとの短い周期で供給する。


 チャン会長は今年3月の時点で、米国経済専門誌『フォーブス』の世界長者番付で540位、米国内の長者番付で187位に入り、注目を集めた。フォーエバー21は、チャン会長一族が全体の90%の株を所有している。
21

「不屈の韓国人魂でフォーエバー21を築いた」(下)
記事入力 : 2011/07/10 06:19:48

高校を卒業後、ソウル・明洞にある1坪(3.3平方メートル)の広さのコーヒー配達専門店で働いていたチャン会長は1981年、21歳の時に「夢」だけを持って米国行きを決断した。チャン会長は「どん底生活を忘れないようにしよう」と自分を戒めながら、現在の地位まで上り詰めたという。


 「米国に到着してからは、ありとあらゆる仕事をこなした。食堂の皿洗い、掃除、ガソリンスタンドのアルバイト…当時、移民が体一つでできた仕事は全部やった。そうしているうちにファッション業に目覚め、事業を始めようと決心した」


 チャン会長が名付けた「フォーエバー21」は「永遠に21歳の時の若い気持ちを維持しよう」という意味だ。主な消費層である20代を狙った意味もあるが、自分が米国で最初の一歩を踏み出した時の純粋な気持ちを持ち続けようという意味も含まれている。


 1984年、米ロサンゼルスに野心満々で初めての店を開いたが、言葉の問題から文化まで、チャン会長には乗り越えなければならない壁が実に多かった。「私の会社の話ではないが、米国では、好意のつもりでしたことが訴訟になってしまうことが数多くある。例えば、高齢の女性が急にトイレに行きたいと言うのでトイレを貸したら、次の週には『トイレが汚い』と訴状が送られてくる場合がある。法も文化も分からないので、適応すべきことがあまりに多かった。涙もたくさん流した」


 チャン会長は何よりも韓国の「パルリパルリ(早く早く)精神」が今日の成功の土台になったと話す。「まず挑戦し、迅速に処理する韓国人の精神のおかげで、このようなシステムで事業を続けることができた。われわれは韓国人の『パルリパルリ精神』が貴重な価値を持つ時代を生きている」と話した。つらい仕事を軽々とこなせるのも「パルリパルリ精神」のたまものだと言う。


 チャン会長は最近、頻繁に平壌を訪問し、子どもたちに直接食料を分け与えている。これまで何十回も平壌を訪れた。「北朝鮮の状況は、ここで報道されているよりもずっと深刻だ。餓死するのはどれほど恐ろしいことか。同胞のことだから、私にできることは最善を尽くして支援するつもりだ」


崔宝允(チェ・ボユン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


 

これをザッと読んで気付いたんですが。
韓国系アメリカ人のチャン会長が、北朝鮮に行き、同胞へ支援しているって事ですよね?
これまでforever 21ってアメリカの会社だとばかり思っていましたが、違ったんですね。
まぁ、田舎にはこの手のお店はありませんから、買ったことは無いんですけど。
日本でこのブランドの服を買う→チャン会長が潤う→北朝鮮の子供や同胞が支援される
という図に見えたんですが…

…なんだか怖くなってきました。


そしてもうちょっと調べてみたら、forever 21って、訴訟起こされてるんですね。盗作で。


話題のFOREVER 21、トロヴァータに訴えられる!!
2009年
05月01日
21:16

4月29日 ファストファッションの激戦区原宿に進出し、大きな話題になっているフォーエバー21(FOREVER 21)ですが、ポジティブな話題だけでなく、こんなネガティブな話題まで振りまいてしまっているようです。

なんとフォーエバー21がリリースしたアイテムが、かつてトロヴァータ(Trovata)がデザインしたアイテムと酷似しており、訴えられているというもの。
上段がフォーエバー21のアイテム、下段がトロヴァータのアイテムのようですが、写真を見る限りだとまるで同じですね…。これはマズい。

さらにダイアン・フォン・ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)やアナ・スイ(Anna Sui)などからも過去3年に渡り計50件以上の著作権侵害訴訟を起こされているとか。これまでは法廷外で何とか調停し、事なきを得てきたフォーエバー21ですが、今回のトロヴァータからの訴訟はそうもいかなそうな雰囲気だそう。

低価格で消費者に商品を提供するのは素晴らしいことですが、訴訟問題になるようなトラブルを引き起こすのは良くありませんね。

盗作


さすが韓国クオリティ。
デザインを盗むのはお家芸ですからね。
写真を見ても、ほとんど同じ。ここまで同じでびっくりしましたよ。
何とも思わない所が、ほんとすごい。呆れます。


そして最後にキムヨナのニュース。
ちゃっかりサムスンアピールです。


キムヨナさん、五輪を決めた黒の勝負服 問い合わせ殺到
 2018年冬季五輪の開催地を韓国の平昌(ピョンチャン)に決めた南アフリカの国際オリンピック委員会(IOC)総会で、韓国の金妍児(キム・ヨナ)選手が着た衣装が注目されている。

 総会で金選手は、黒のケープ型ジャケットに黒のワンピースを着て登場。滑らかな英語で平昌の魅力を語り、喝采を浴びた。韓国メディアは、五輪金メダリストの存在感だけでなく、その衣装も「世界を魅了した」と伝えている。

 衣装はサムスングループの衣料会社・第一毛織のブランド「クホ」の特製品。同社広報によると2カ月以上かけて作った。総会後、問い合わせが殺到し、製品化の検討を始めたという。 韓国の招致チームは8日に帰国。仁川空港で生中継したテレビのアナウンサーは金選手を「きょうは白いTシャツです」と紹介した。ただ、金選手は疲労で体調を崩した模様だ。(ソウル=中野晃)
ky
ky2



そんなキムヨナ、IOC委員に?


平昌冬季五輪:韓国スポーツ外交のヒロインたち(上)
「ダーバンの神話」を実現したキム・ヨナとナ・スンヨン氏
記事入力 : 2011/07/08 11:27:58
「フィギュアスケートの女王」キム・ヨナ(20)が、韓国のスポーツ外交の新たな1ページを切り開いた。2018年平昌冬季五輪の招致を実現する過程で、キム・ヨナは李明博(イ・ミョンバク)大統領やサムスン電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長とは違った形で外交力を発揮した、と評価された。


 昨年のバンクーバー冬季五輪の金メダリストであるキム・ヨナは、国際五輪委員会(IOC)総会でもスターだった。IOCの委員たちは、まずキム・ヨナとあいさつを交わすと、記念撮影を求めた。キム・ヨナはソフトな明るい笑みを浮かべながら委員たちに接し、韓国に対する好印象を与えた。


 キム・ヨナは平昌招致のためのプレゼンテーションで「10年前、平昌が冬季五輪の開催に名乗りを上げた当時、私はソウルのスケートリンクで五輪に出場することを夢見て練習に励む少女だった」と切り出し、流ちょうな英語と自然なジェスチャーで、95人のIOC委員たちの心を揺さぶった。海外メディアからは「幻想的なプレゼンテーションだった」との賛辞が寄せられた。この2カ月間、練習の合間に演説の原稿を暗記し、ダーバン入りしてからも、多忙なスケジュールをこなしホテルに戻った後、毎日2時間ずつ演説の練習を重ねたという、並々ならぬ努力のたまものだった。


 五輪や世界選手権など、大きな舞台で活躍してきたキム・ヨナだが、20歳にして国家の代表としての重圧を背負うことになった。プレゼンテーション会場に入る前には「とても重苦しい心境だ」「身震いがする」などと語り、緊張した様子だった。しかし、本番では明るく余裕に満ちた表情で、自信たっぷりに平昌五輪招致の必要性を訴えた。平昌が五輪開催地に決まった瞬間、バンクーバー五輪で金メダルを獲得したときのように、喜びの涙を流した。キム・ヨナは「私のせいで負けたと言われるのではないかと思い、心配だった」とコメントし、再び韓国国民に感動をもたらした。


 キム・ヨナは今回、IOC委員並みの外交力を発揮した。「選手委員などの形で、IOC委員として活動してはどうか」という現地メディアの取材に対し、キム・ヨナは「具体的に考えたことはない。IOC委員たちは皆、素晴らしい方たちだ」と答えた。



もうこれ以上スポーツ(競技)に付きまとわないで欲しいです。
今後、彼女の行く末はどうなるのでしょうか?
恐怖を感じます。
このままで終わるわけがない。
今までは競技に出て、大会をひっかきまわして来ましたが、
もしかしたら今後はリンクの外からひっかきまわしてくれそうな気がします。

フィギュアスケート、本当に未来があるのかしら…。



FPU(フィギュアスケート保護連合)をご存じですか?
FPU(フィギュアスケート保護連合)は、フィギュアスケートの未来を守りたいという気持ちから誕生しました。
私は、今のこの現状は、どう考えてもおかしいのではないかと思い、ブログを始め、加入しました。
フィギュアスケートの現状がおかしいのではと思っているのでしたら、是非協力して頂きたいです。
会費などは必要ありません。
競技としてのフィギュアを守りたい。それだけです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/07/11(月) 01:46:32|
  2. 韓国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018平昌五輪「南北共同開催」を提案!? | ホーム | 小塚・浅田選手、ペアの練習。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzuki391.blog.fc2.com/tb.php/39-0d10bf53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。