待っているだけじゃ何も変わらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グランプリシリーズ、参加できる大会数に変更が。

まず最初にこちらのニュースから

安藤や浅田らは3戦出場可 フィギュアの来季GP

国際スケート連盟(ISU)がフィギュアのグランプリ(GP)シリーズのレベルアップを狙い、来季は安藤美姫(トヨタ自動車)や浅田真央(中京大)、小塚崇彦(トヨタ自動車)らに3大会出場の選択権を与えることが26日、ISUや日本スケート連盟関係者への取材で分かった。

 今季はトップ選手で2大会まで出場できたが、新制度では4月の世界選手権の上位6選手に限って3戦出場が可能となり、高橋大輔と織田信成(ともに関大大学院)も対象に入る。3戦目に出場した選手には1万ドル(約82万円)のボーナスが出る。

記事はこちら



グランプリシリーズの出場できる大会数が増えたみたいですね。
これに関しては、賛否両論あるみたいです。
わたしには、どっちがいいのか…正直わかりません。
選手の疲労度も心配。でも沢山の試合で
演技を試したいと思っている選手もいるでしょう。
ジャッジがもう少しマトモなら。
試合毎に採点基準が変わるような事がなければ、まだ純粋に喜べたかもしれません。

そもそも、「今回の試合は厳しかった」なんて解説が出ることが、
既におかしいと思いませんか?
ルールは同じ大会なのに、運用する側が試合ごとに運用の仕方を
変えました、みたいな採点をするから、
解説の人が「今回は厳しい」という発言でごまかしている気がします。

「厳しい」大会と「厳しくない」大会。
同じ大会のはずです。
何がどう違うのでしょうか。
私には出場する選手によって決まっているようにしか思えません。

なので、このニュースも、なんだか微妙な気持ちになりました。



願うのは、だれも怪我せず、採点に絶望することないようなシーズンになれば…
それだけです。


良かったらお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. 2011/05/28(土) 02:57:31|
  2. フィギュアスケート【総合】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ずっと考えていたこと | ホーム | 浅田真央選手の本について。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzuki391.blog.fc2.com/tb.php/11-15591d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。