待っているだけじゃ何も変わらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝因はトータルパッケージ【但しヨナに限る】

昨日、FPU仲間のさえぷうさんのブログの記事
そもそもの話を読んで思った事について、自分なりに書きます。

私は皆さんのように昔から見てるわけでもないし
ファンの中ではかなり若輩者。
ですが書きますよ。私の気持ち。

思っていることは一緒なんです。
「ISUの言ってることとやってることは矛盾しているし公平な採点とはとても思えない」

ただ私はアシュリーも好きだったから、だから余計モヤモヤした気持ちになった。
アシュリーのPCSの上がり方も、皆さんびっくりしましたよね。
え?じゃあ今までの評価は何だったの?みたいな。
構成が大幅に難しくなったわけでもないと思うんだけど、
どっちかっていうと私はNHK杯の時の演技の方が好きだったかな~。

それでも「ミスをしなかったんだからワグナーが1位でしょ」の感想が多いとしよう。
今回浅田選手はFSでお手つき等のわずかなミスはありましたね。
(3Aは私は跳べてたと思うので問題外ですけど!!)
だからFS二位で総合二位。
これで納得しろっていうのはちょっとムリなんじゃないですかISUさん。

トリノの世界選手権で何やったか覚えてますか?

コケてヨロヨロで
え?それ演技?みたいな演技でFS1位だった人がいませんでしたっけ?

その名も、オリンピックから二年、
今頃ようやくギネスに「認定してもらえた」銀河点保持者。
自称「ピギョクイン」のおヨナさんですよ、おヨナさん。

散々「トータルパッケージ」がどうの「完成度」がどうの言ってた割に
オリンピックが終わったとたん、世界選手権ではミスがあってボロボロの演技でも
FS1位とか取れちゃって最終的に銀メダル強奪できちゃうんですから。
あれ?トータルパッケージで完成度が高ければ勝てるんじゃなかったっけ?と
誰もが思ったことでしょう。
皆さん忘れていませんか?
その後にこう続くんですよ。

ただしヨナ(勝たせたい選手)に限ると。

私はね、他の会員さんとかファンの皆さんみたいに
分析したりとかそんな事はできませんよ。
ただ、これくらいの事はわかります。

勝たせたい選手を勝たせられる競技。それがフィギュアスケートだという事を。

私は元々ピアノが好きで、長い間やっていました。
最初は興味のなかった日本のフィギュア選手。
でもタラソワについてからの浅田選手をテレビでみかけるうちにどんどん気になっていった。
なんてクラシックが似合うんだろう。そう思ってみていました。
どんな音楽でも滑りこなしてしまう所や演技の美しさ、何度みても感動します。

でも知れば知るほどこんな競技だったなんて…と今思っています。
私達にできる事なんて、たかが知れてるかもしれないけど…。
何かしたい。変えたい。
そう思ってます。


そして最後に宣伝になりますが
そんな「何かしたい、変えたい」と思う人達の集まりFPUをご紹介します。
フィギュアの未来を守りたい、フィギュアの選手を守りたい。
そんな人達のご協力をお待ちしています。
↓クリックすると公式HPに飛べます。
fpu

もちろんブログサポーターさんも募集中!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 17:20:45|
  2. フィギュアスケート【疑惑】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

世界選手権、授賞式の花束について。

世界選手権の後、色々なブロガーさんの所で記事を読んできました。
ひとつ気になったのが
花束の大きさが違うのではないか
という情報でした。

そこで私は、写真を色々拾ってきて、更に自分で動画をキャプチャしてみました。
その写真を並べてみたいと思います。
花束正面2
花束正面

こちらがほぼ正面から見た写真です。確かにキムヨナの花束が大きいように見えます。
実際に大きいのか?気になった私は動画を色々キャプチャしてみました。

まずコンパニオンさんの入場から。
花束1

手前の黒い巻き毛の女の人の花束が、大きいように感じます。
この花束が、二位の人に行くのか観察してみました。

花束2

見ていると、予感は的中。
黒い巻き毛の女の人が持っていた花束が、二位の人にわたりました。
そのまま見て行きましょう。

花束3

花束4

コストナー選手より前にいるので、やはり大きく見えます。

花束5
花束6

真ん中に立ってしまったので
カメラマンさんの指摘で横へ移動しています。
コストナー選手の奥にいても、やはり大きく見える気がします。
移動中の画像でも、やはり大きく見えます。

真実はわかりません。わざとそうしたのか。
ただ、今まではこんなこと無かったように思います。
なんだかとっても、複雑な気持ちです。

おわり。


おまけ

ちなみに男子の写真はこちら
男子の花束


良かったらお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村


  1. 2011/05/26(木) 09:20:49|
  2. フィギュアスケート【疑惑】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨季と今季の世界選手権について。


昨季の世界選手権は本当に感動しました。
特に浅田選手のフリープログラム。鐘。

バンクーバーでの事が記憶に新しいせいでもあったでしょう。
鐘の途中から私は涙が止まらなくなってしまいました。

あの気持ちを、どう表現していいのかわからないけれど、
とにかく涙がこぼれ落ちてきました。
そして何度も何度も動画を探しては見ていました。


だから許せなかった。
あれだけのプログラムを、ほぼミス無くやりきったのに、
途中で、やる気あるのか?といった態度になったりした、キムヨナの演技が。
その上、コケてヨロけてフラついて、わたしにはボロボロの演技に見えたのに、
フリーで一位だったことは、信じられなかった。
本人が「フリーは私が一位だから」「二位か三位でもいい」と発言したことにも怒った。

最悪の試合だったように思う。


そして今季、浅田選手はジャンプの修正を新しいコーチのもとで始めました。
テレビ放映がある試合は(酷い編集や放送に耐えながら)応援し
見れなかった時は動画を探して見ていました。
勝てなくたってかまわない。怪我さえしなければ…
そして浅田選手の演技が見られれば、という気持ちで、見ていました。

特に今季のフリーの使用曲「愛の夢」は
私が好きな作曲家、リストの曲だったので特に見ていて幸せな気持ちになりました。

そして今季は、シズニー選手の演技にも目を奪われました。
素敵な笑顔、軽やかな滑りに驚異的なスピン。
夫と共に、すごいスピンだねぇ…と目を丸くしたことも。
世界選手権に行けることになって、喜びました。(未来ちゃんが行けなくなったのは、残念だったけれど)


でも…
また世界選手権はやってきます。
あのキムヨナも出場します。

ひとつも大会に出ず、(国内の大会すら出ていないと聞きました)
いきなり世界選手権に出る。
日本では考えられない事ですね。
今季は安藤選手が非常に安定した強さを誇っていましたから、
個人的には安藤選手との対決になるんではないか?と考えていました。
浅田選手はジャンプ修正のシーズンでもありますしね。

そしてショートプログラムを見た私は

言葉を失いました。

い、一位?

私の目には、安藤選手が一位に見えました。

そして調べてわかった事実。

キムヨナのステップアウトの3Lzに加点したジャッジがいること。
スピンの加点がシズニーより高いものがあったこと。


あと、私にはアレが「ジゼル」には見えなかった、ということですかね。
以前NHKで放送していた吉田都さんのバレエレッスンを見ていました。
ジゼルの回もありました。動画でジゼルを見たこともあります。
その「ジゼル」とキムヨナの「ジゼル」がどうしても同じ「ジゼル」だと感じられない。
ウィリーの演技というよりもっと邪悪なものにしか見えない…。

私の大好きな中野さんが以前演じた「ジゼル」の方が、よっぽどジゼルらしいと思います。

フリープログラムも、去年と何が違うのだろう?みたいな印象でした。
(そもそもショートとも同じような…表情だったような)
回転が抜けたジャンプに加点されたり
どこ行くの~というようなトラベリングスピンが最高レベルだったり…
「唯一減点の無い演技をした選手」にジャッジには見えたそうですね。
素人の私でもわかるほど、ひどいエッジエラーのフリップとんでるように見えましたけど。


(ダメだ、なんだかもう書くのがしんどくなってきた)

個人的にはレオノワ選手のプログラムに感動!!(ショート、フリー共に)
彼女のガッツポーズがとても印象的でした。


しかし
やはり結果はとても納得のいくものじゃなかったです。
今年もこうなるのか、という思いでいっぱいでした。


次は有名な花束について少し書きたいと思います。
つづく。

良かったらお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
  1. 2011/05/26(木) 09:04:36|
  2. フィギュアスケート【疑惑】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっかけはバンクーバー。2

前回の続きです。

その後、色々調べ始めた私ですが、結局辿り着いたのが
「匿名の審判」
「GOE」
でした。

二人の差が何故こんなに開いたのかは、メディアも報道したように
「GOE」、いわゆる出来栄え点の差だということ。

そこでまた疑問が出ます。

浅田選手とキムヨナを見比べた場合、私にはキムヨナの出来のほうが素晴らしいとは思えない、という事です。
ところが匿名ジャッジ達には、キムヨナのほうが素晴らしい出来栄えに見えたという事になります。

一体どういうことなんでしょう。
少々言葉は悪くなりますが、私にはキムヨナの演技がこう見えていました。
当時のSNS日記に私はこう書いています。

はっきり言おう、「宿命のライバル」では無い。

うっふん☆バッキュン☆プラス盆踊りステップと腰高シットスピンに加点テンコ盛り採点。


演技の動画なんてyoutubeいけばいくらでも見れます。
シットスピンが一番わかりやすいですよ、嘘だとおもうなら見比べてみればいい。
素人でもわかる酷さだ。

キムヨナが現役続行した場合、「GOE」がある限り、
今後も世界最高得点は伸び続けていくことでしょう。



わたし、かなり怒っていますね^^;
当時はものすごく怒ってましたからね~。

特に、これを書いたのはオリンピック後の世界選手権を見た後でしたから。

今もそりゃあ、許せませんけどね。

話がそれました!
出来栄え点について色々調べていると、こんな写真に出会いました。

スパイラル比較
スピン比較
スパイラル比較2
点数比較

有名な写真ですので、皆さん見たことがあると思います。
これを見てますますわからなくなりました。
どこからどう見ても、浅田選手の方がポジションが綺麗に見えます。
そして驚くことに、キムヨナの得点は男子よりも高いものだということ。
その事実にびっくりした私がまた調べていると、こんな記事に出会いました。
浅田真央のかわりにプルシェンコが滑ったら・・・

記事の内容は、要するに浅田選手の代わりにプルシェンコが四回転かませて滑っても、キムヨナには勝てなかったであろうという事です。

そして更に、採点問題だけではない、キムヨナのスポーツマンシップの無さも知りました。

浅田真央選手の曲かけ練習なのに、リンクど真中で滑りまくる某選手
ニコニコ動画の動画なので、登録が必要ですが無料ですので、よければどうぞ。



まあ、その時の私の驚き、怒りといったら…。

毎日毎日夫に、いかに理不尽な採点であったか、ゲンナリされるまで話し続けるといったものでした。



そして夫に言われたのです。

「キムヨナはもうアスリートではない。」


なんだかすご~く納得してしまいました。
オリンピックが簡単だったと発言してみたり…。
たとえそう感じたとしても、他の選手に失礼だとは考えなかったのでしょうか。
みんなプレッシャーの中で頑張っているはずです。

こんなニュースが出る度、私は日記に不満を爆発させて書いていました。
恥を知ってほしい!キムヨナは引退して欲しい!
そう書いたこともありました。
するとある人からこんなコメントを頂いたのです。
 
恥を知るのは、こんな日記を書いてるあなたじゃないですか?

キム・ヨナは間違いなくアスリートです。

もうすこしフィギュアスケートを勉強された方が良いかと思います。


びっくりしました。
私はふつうのファンです。
専門家でも無い。
ただ、自分なりに調べてわかった事に腹が立って、日記にしただけです。
この人は、フィギュアスケートについて勉強していない人間は、文句を言うなと言いたいのでしょうか。
たとえファンだとしても。
私の勉強が足りないから、怒る資格が無いと言いたいのでしょうか。

私はプロ野球も好きです。
たまに試合も見に行ったりしています。(今は育児中なので行けてませんが)
もちろん、専門家でないので、一般的な事しか知りません。
それでも球団の選択に怒ったり、文句を言ったりします。

この人の理屈で言うと、それも許されないということになりませんか?

私はこう返しました。

コメントありがとうございます。
私の考える「アスリート」とは
自身の壁を破り、成長しようと切磋琢磨する選手だと考えます。

何年も演技構成が似たりよったりで、
新しい事は取り入れず、
「2位か3位でもいい」
「他の国の選手に妨害された」
「五輪は簡単だった」
「足が痛い」
等、メディアの前で言ったり
他の選手の曲かけ中にリンクの真ん中を陣取って自分のステップを練習したり、
五輪憲章に違反するようなピアスをつけていたり
いまだにエッジの踏みわけが矯正出来ていなかったり
それを審判に指摘されると他の選手を引き合いにだして、自分のエラーを取られた映像を見せず、私をエラーとするなら彼女をエラーにしろ!と審判に言ったり、(審判に見せたのはその引き合いに出した選手の映像)
そういう選手はアスリートだと思えないのです。

フィギュアスケートに関しては素人ですが、
こういう行為が、人として恥ずかしくないのか、と思うのです。

ですので、フィギュアスケートを勉強された○○様の考える
「キムヨナ」、「アスリート」というものを教えていただければ幸いです。



その人からお返事はありませんでした。

結局このモヤモヤ、すっきりとしないまま、オリンピックシーズンが終わりました。
ぼろぼろの演技で世界選手権の銀メダルを獲得し、
「フリーは私が一位だから」と発言したキムヨナ。

開いた口がふさがらない私。
来シーズンはどうなるのかという不安でいっぱいでした。

そして今シーズンに至ります。
世界選手権についてはもう語りたくも無い…のですが、
少しだけ書こうかなと思います。

おわり。
良かったらお願いします↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
  1. 2011/05/24(火) 22:54:26|
  2. フィギュアスケート【疑惑】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

きっかけはバンクーバー。

今回は、バンクーバーオリンピックを見た当時の私の記憶を掘り起こしたいと思います。


当時、私はインターネットなどで、フィギュアの事を調べたりした事はありませんでした。
ただ純粋に、浅田選手の滑りが年々好きになってきて、
綺麗になったなぁ、すごく好きな演技だなぁ。
そんな風に見ていました。
そしてごく普通に応援していました。

あまり好感を持てない、メディアが「ライバル」と言っている彼女より、
浅田選手が見たい。応援したい。
勝ってほしいな。そう思ってテレビを見ていました。

これまでの浅田選手は、
自身の武器である3Aを跳び、勝利を得てきました。
だから思ったんです。
SPで3Aが決まり、完璧に滑り切った!これは絶対一位だよ!って。

でもSPの結果は、キムヨナより5点も下回りました。

その時、ものすごく違和感を覚えたんです。
なんで?
あれ?どうしてなんだろ?
3Aって、すごい技なんだよね?だってどう見ても、演技構成は浅田選手のほうが
難しいことをやってるように見えるのに。
スパイラルのポジションだって、ビールマンや他のスピンだって、ステップも…
疑問は湧いて止まりませんでした。

当時私は自分のSNSの日記に、こう書いてます。

 
「よくわかりません。素人なので専門知識はないですが、
トリプルアクセルってキムヨナの「表現力・音楽解釈」より5点も劣るものなの?

女子初なんでしょ?
それくらいスゴイんでしょ?

真央ちゃんの表現力とかスケーティングとかトリプルアクセルとか足しても
やっぱり劣ってるの?

キムヨナも上手いとは思うんだけど、男子よりすごいの?
教えてエライ人。 」


本当にわからなかった。友達とも何でなの?と話していた。
でもまだフリーがあるからさ、なんて言ってました。

その後のフリーは…
皆さんご存じのとおり、銀河点が出て、浅田選手は完璧な演技が出来なくて
そして銀メダルを獲得しました。
完璧な演技がしたかったのに、できなかった悔しさで泣いていました。

そこから私はフィギュアについて調べ始めたのです。

そこからは、まぁ出てくる出てくる。といった感じでしょうか。
不正採点疑惑、疑惑のピアス、妨害発言に訴訟問題。
本当にあげたらキリがないですけど…ね。

そう、きっかけはバンクーバーだったんです。


つづく。
  1. 2011/05/23(月) 22:40:00|
  2. フィギュアスケート【疑惑】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。